似顔絵ウェルカムボードとは?

似顔絵ウェルカムボードとは、別名ウェディングボードとも呼ばれ披露宴やパーティー会場の入り口の置かれている案内板のことです。

「Weicome」の文字から取られていますが、そこには新郎新婦の似顔絵が描かれています。

この似顔絵ウェルカムボードの歴史は浅いようです。

似顔絵ではなく、ミラーでできたもの、また装飾がほどこされたウェルカムボードは1990年代ころから広がりだした新しい文化で、似顔絵ウェルカムボードはその数年後に流行しはじめたものです。

以前は、大きな白紙に、「○○家、△△家ご披露宴会場」と書かれている立札のものが多かったですね。

でも時代が変わり、この伝統的な和風スタイルの結婚式は少なくなってきたようです。

変わりに、似顔絵ウェルカムボードを入口に飾ってゲストをお迎えするスタイルが今は定番になりつつあります。
参考サイト>http://www.welcomeboard-atoa.com/

ウェルカムボードは新郎新婦の代わりに、ゲストをお迎えする大事な役割があります。

またその似顔絵ウェルカムボードで、結婚式の雰囲気を伝えることもできます。

結婚式が終わった後も、家に飾っておくことができ、思い出にもなります。

ゲストの中にも、この似顔絵ウェルカムボードが楽しみで来てくれる人、カメラマンもボードを撮影したりして大きな位置を占めているものと言えるでしょう。